文章の書き方

文章の書き方:「何かに書かされているように感じる」まで

投稿日:

作家や脚本家などで、

「何かに書かされているように感じるときがある」

と言う人がいますが、普通の人は、どんなに待っても、人の心を打つような文章が天から降ってくることはありません。

やっぱり、自分で試行錯誤しながら書くしかないんですね。

何かに書かされている、と感じるような人でも、そう感じる前に、文章を書く訓練はさんざんしているはずです。

本人は訓練と思っていなくても、たいていの作家は、うまいと言われる文章を書けるようになるまでに、かなりの文量を書いているはずです。

そういう蓄積があって、あたかも何かに書かされているように感じてしまうのでしょう。

もっとも、そういった台詞を用いた方が、さまになるから言っているだけの作家も存在するかもしれません。

↓↓↓
totensakuserviceorderpage

-文章の書き方

Copyright© 人を動かす文章添削(文章校正)・作成サービス・小論文添削指導サービス , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.