文章の書き方

文章の書き方:「~という」を減らす

投稿日:

人それぞれ口癖があるように、文章にも「書き癖(かきぐせ)」があります。

よくみられるクセに、「~という」があります。

「佐藤という人」「~ということ(になる)」等々、探せばいくらでも例は出てきます。

「佐藤という人」の場合、自分がその人について知らないことを暗に示す場合等に用いられるので不要とは言い切れません。

後者についても、文脈によっては「~ということ(になる)」としたほうがしっくりくる場合もあるので、一概にすべて要らないとは言えません。

何度も読み直して、「~という」が必要かどうか考えてください。

私も気を抜いて書いていると、「~という」をたくさん使い過ぎていると気づくことがあります。

本当にその「~という」が必要なのか、検討してみてください。

「~という」を削除するか、別の表現に置き換える手立てがあるはずです。

↓↓↓
totensakuserviceorderpage

-文章の書き方

Copyright© 人を動かす文章添削(文章校正)・作成サービス・小論文添削指導サービス , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.