文章の書き方

文章の書き方:「~と思います」でなく「~です(だ、である)」と言い切る

投稿日:

文末を「~と思います」で締める書き方があります。

書き方というほど大げさなものではありませんが、話をするときにも「~と思います」はよく使用されます。

断定を避けたり、相手にぶしつけで直截的な印象を与えたりしないように、「~と思います」と言うことがあります。

しかし、あまり「~と思います」「~と思う」を多用すると、読み手に、この筆者は自信がないのではないかと思われる可能性があります。

私も書いた文章を読み返すと、文末が「~と思います」ばかりになっているのに気づくことがあります。

そういう場合、「~です」「~だ」「~である」と言い切っても、それほど問題ない箇所については適宜修正を加えます。

多くの読者は、多少ハッタリがあったとしても、

“これであなたはモテるようになります!”

というように断言する文章に惹かれます。

毒舌と言われ、煙たがれることもある作家やタレントがいますが、その一方で、そういう人たちには不思議と多くのファン、フォロワーも存在します。

ほとんどの人は、どっち付かずというのを好まず、イエスかノーか白黒はっきりした状態を好むのでしょう。

あえて毒舌になる必要はありませんが、言い切ってもよいところは、「~です」と断言しましょう。

↓↓↓
totensakuserviceorderpage

-文章の書き方

Copyright© 人を動かす文章添削(文章校正)・作成サービス・小論文添削指導サービス , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.