文章の書き方

文章の書き方:自分の意見がない場合→人の意見を引用する

投稿日:

作文や感想文、小論文でもそうですが、文章を書くとなると、自分の意見を書くものだというイメージを持っている人も多いと思います。

となると、「自分の意見がない」場合は、書くことが難しく感じるかもしれません。

それで困ったときは、自分以外の人だったらどう考えるかと想像してみましょう。

ジョン・レノン的に言うと、イマジンしてください、ということです。

自分の親、子ども、夫(妻)、兄妹、教師、生徒、隣人だったら、この問題(事象)についてどう感じるだろうかと考えるのです。

その視点は人間だけでなく、役所、企業、学校等でも構いません。

「お役所的な発想ではそうなるけど、民間ではこう考えるよね」

ということがありますが、立場が違えば考え方も異なってきます。

どの立場にも偏らず、物事を公正に捉え観られる人が優れた人材だとみなされます。

悲しいかな、実生活では、あまりに公平を期そうとすると、煙たがれることもままありますが、色々な考え方ができることを示せば、評価は高まります。

「AとBどちらの意見も理解できますが、どちらかというと私は、Bと同じように考えます」

特に自分に強く主張したいところがない場合は、このように自分に近い意見を引き合いに出して、それに賛意を示す書き方をするのもありです。
↓↓↓
totensakuserviceorderpage

-文章の書き方

Copyright© 人を動かす文章添削・作成サービス・小論文添削指導サービス , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.