文章の書き方

文章の書き方:第25回 文末表現を工夫する「~(の)である(のであった)」「~だ(だった)」「~のだ(のだった)」

投稿日:2016年11月22日 更新日:


 
文末の表現方法に悩んでませんか?

断定調(常体)の通常の文では、「~(の)である(のであった)」「~だ(だった)」「~のだ(のだった)」これらのいずれかになることが多いですね。

同じ言い回しを連続して使用するのはなるべく避け、上のような表現をローテーションするとよいでしょう。

ただし「~のだ」は、読み方によっては筆者の少々強めの主張が感じられることもあるので、少し注意が必要です。

前述の文末表現だけであると、選択肢が限られて、冗長になってしまう可能性がありますが、他に、「~だろう」「~ではないか」「~で(は)なかろうか」「~と推察(推測)される」「~と思う(思われる)」「~と考える(考えられる)」といった推量で締めるパターンもあるので、ヴァリエーションは意外に豊富です。

文末表現を工夫しましょう。。
 

文章の書き方:第24回 ですます調(敬体)、である調/断定調(敬体)を統一する
第26回 二重括弧(『』)を使用するケース

伝わりやすい文章にするには

●お問い合わせ
LINEはこちらより友だち追加・ご連絡をお願いいたします。
ID: bunsyoka でも追加いただけます。

https://line.me/ti/p/cBVU-Bs2hv


 

ご質問やお問合せ等がございましたら、以下のフォームからお問い合わせください。

『人を動かす文章サービス』お問い合わせフォーム

文章添削サービス文章作成サービス小論文添削サービスその他

captcha


このサイトの使い方
 How to use this website
最低限の個人情報の記載でご注文いただけます。
お名前(カタカナのみ可)とメールアドレスのみでご注文可。

LINEでもお問い合わせ受け付けております。
 こちらより友だち追加・ご連絡をお願いいたします。

 ID: bunsyoka でも追加いただけます。
 →https://line.me/ti/p/cBVU-Bs2hv

 

-文章の書き方

Copyright© オンライン文章専門「人を動かす文章添削・作成サービス」 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.