文章の書き方

句読点の使い方-助詞の「を」の後ろに読点「、」を付けるか

投稿日:2017年3月24日 更新日:

人を動かす文章添削サービス

 

当公式Twitterアカウントをフォローしたいただければ、1,200字以内(英文は100ワード)無料で添削させていただきます。リツイート等のご協力お願いいたします。
フォロー後、以下の「Twitterフォロー特典を申請する」からアカウント名をお知らせください。
 


 
Twitterフォロー特典を申請する


 
文章を書いていて、「読点」つまり文中で使われる点「、」の使い方が難しいと感じる方も多いと思います。

適切な位置に読点を付けるか付けないかで、読みやすさに違いも出てきます。

やたらに読点が多くても、少なくても読みにくい文章になります。

ということで、以前書いたこちらの句読点に関する記事のアクセスが伸びています。
↓↓↓
句読点の使い方-助詞の「や」と「と」の後ろの読点「、」について

助詞「や」と「と」の後ろの他に、もう一つ気になるのが、助詞「を」の後に読点を付けるかどうかです。

これに関しては、こちらにわかりやすい解説が載っています。

http://www.alc.co.jp/jpn/article/faq/01/15.html

つまり、文を読み進めて「を」の後に読点が無いと、正しく意味が伝わらない場合には読点を用いるということです。これは「を」に限ったことではありません。

「を」の後ろに読点を入れても文意がわかりにくい場合は、表現そのものを変えたほうがよいでしょう。

 

日本語と英語の文章が一度に学べるのは、ここだけ
↓↓↓
“小論文&英文添削サービス”

 
●<お問い合わせ、ご相談>
お問い合わせ・お見積りはこちら
24時間受付中


 
このサイトの使い方
 How to use this website
最低限の個人情報の記載でご注文いただけます。
お名前(カタカナのみ可)とメールアドレスのみでご注文可。

Lineでもお問い合わせ受け付けております。
 こちらより友だち追加をお願いいたします。
 →https://line.me/ti/p/cBVU-Bs2hv

追ってご連絡させていただきます。お手数おかけしますが、どうぞよろしくお願い致します。

 

-文章の書き方

Copyright© 文章添削(校正)・文章作成、小論文添削、英文専門『人を動かす文章サービス』 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.