文章の書き方

「思う」「考える」「感じる」を使い分ける

投稿日:2017年5月1日 更新日:

人を動かす文章添削サービス

 
文章を書いていて、文末が、「~と思う」「~と思います」となることが多いですよね。

英語で、「思う」「考える」は、"think"で同じですが、ほとんどの場合、それぞれ「思う」か「考える」で置き換えられます。

厳密に区別しようとすると、ぱっと思い浮かぶことについては文字通り「思う」で、多少時間をかけて出した感想や意見に関しては「考える」とするのが適切にみえます。

「感じる(feel)」については、頭、脳内でひねり出したものでなく、皮膚感覚で、あるいは、ハート(胸の中)、または第六感で捉えたことを「感じる」と呼んでいる気がします。

特に意識しないで書くと、「~思う。」で終わる文になりがちなので、置き換えが可能であれば、「思う」「考える」「感じる」を使い分けて書くとよいでしょう。

ちなみに、小論文では、「~と考える」を使用することが多いです。感想文のように、思ったことや感じたことを書くのではなく、自分の考えを書くことが求められるからでしょう。

↓↓↓
格安、受け放題の小論文作成添削指導サービス
 
●<お問い合わせ、ご相談>
お問い合わせ・お見積りはこちら
24時間受付中


 
このサイトの使い方
 How to use this website
最低限の個人情報の記載でご注文いただけます。
お名前とメールアドレスのみでご注文可。
 

176 total views, 35 views today

-文章の書き方

Copyright© 文章添削・文章作成専門サイト『人を動かす文章添削サービス』Japanese proofreading service , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.