文章の書き方

文章の書き方:第53回 口語(話し言葉)と文語(書き言葉)を使い分ける

投稿日:2019年5月21日 更新日:


 
普段話してる言葉づかいのまま文章を書く人もあまりいないと思いますが、活字にするとなると妙にかしこまってぎこちない文を書いてしまう人もいると思います。

ブログなどでは、話し言葉をふんだんに織り交ぜて書いても良いと思いますが、たとえば履歴書などフォーマルなものの場合は、口語を用いないように気をつける必要があります。

どれが口語か口語でないか迷う場合もあるかもしれません。

たとえば、「好き」という表現。

これは必ずしも口語とは言い切れないとは思いますが、フォーマルな文書ではあまり用いないほうがよいです。

「私は~が好きです」というより、「私は~に興味(関心)を持っています」と表現したほうが好ましいでしょう。

「好き」というと主観的なニュアンスが感じられますが、「興味(関心)を持っている」とすると、より客観性を感じます。

一般に、物事を客観視できる人が評価されます。

適切に話し言葉と書き言葉を使い分けられるということは、客観的な判断ができることの証でもあります。

一見何気ないことかもしれませんが、大切ですね。

 

第52回「~という」と「~こと」を減らす
第54回 文字数を節約する方法:「~であること」「~なの」「~こと」「~の」

伝わりやすい文章にするには

●お問い合わせ
LINEはこちらより友だち追加・ご連絡をお願いいたします。
ID: bunsyoka でも追加いただけます。

https://line.me/ti/p/cBVU-Bs2hv


 

ご質問やお問合せ等がございましたら、以下のフォームからお問い合わせください。

『人を動かす文章サービス』お問い合わせフォーム

文章添削サービス文章作成サービス小論文添削サービスその他

captcha


このサイトの使い方
 How to use this website
最低限の個人情報の記載でご注文いただけます。
お名前(カタカナのみ可)とメールアドレスのみでご注文可。

LINEでもお問い合わせ受け付けております。
 こちらより友だち追加・ご連絡をお願いいたします。

 ID: bunsyoka でも追加いただけます。
 →https://line.me/ti/p/cBVU-Bs2hv

 

-文章の書き方

Copyright© オンライン文章専門「人を動かす文章添削・作成サービス」 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.