文章の書き方

文章の書き方:正しい「てにをは」(助詞)の使い方

投稿日:2016年11月21日 更新日:

【文章添削・文章作成・英文専門サイト】
人を動かす文章添削サービス
 



 
SNSで以下をツイートいただいたあなたに、『小論文の虎の巻』、中学英文法の参考書を無料進呈。ツイート後、ツイート文に含まれるリンク http://bunsyoka.jp/giftdown~ をクリックしてください。
 


 
英語には「てにをは」(助詞)がありません。

Onやin, atなど日本語の助詞に近い、前置詞と呼ばれるものはありますが、その役割や使い方には違いがあります。

デーブ・スペクターのような日本語のうまい外国人でも、たまに助詞の使い方が適切でないときがあります。

しかし、日本人である我が身を振り返ってみても、話しているときに「助詞を間違えた」な、と振り返り、自覚することがあります。

助詞が多少違っても、意味が相手に伝わることは多いですが、そのちょっとした違いが気になる人もいます。

読みやすい文章の定義の一つとして、助詞の使い方が適切かどうかが挙げられるでしょう。

 

日本語と英語の文章が一度に学べるのは、ここだけ
↓↓↓
“小論文&英文添削サービス”

 
●<お問い合わせ、ご相談>
お問い合わせ・お見積りはこちら
24時間受付中


 
このサイトの使い方
 How to use this website
最低限の個人情報の記載でご注文いただけます。
お名前(カタカナのみ可)とメールアドレスのみでご注文可。

Lineでもお問い合わせ受け付けております。
 こちらより友だち追加をお願いいたします。
 →https://line.me/ti/p/cBVU-Bs2hv

追ってご連絡させていただきます。お手数おかけしますが、どうぞよろしくお願い致します。

 

-文章の書き方

Copyright© 文章添削(校正)・文章作成、小論文添削、英文専門『人を動かす文章サービス』 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.