文章の書き方

文章の書き方:第12回「何かに書かされているように感じる」まで試行錯誤しながら書く

投稿日:2016年11月21日 更新日:


 
作家や脚本家などで、

「何かに書かされているように感じるときがある」「何かが降りてきた」

と言う人がいますが、普通の人は、どんなに待っても、人の心を打つような文章が天から降ってくることはありません。

やっぱり、自分で試行錯誤しながら書くしかないんですね。

何かに書かされている、と感じるような人でも、そう感じる前に、文章を書く訓練はさんざんしているはずです。

本人は訓練と思っていなくても、たいていの作家は、うまいと言われる文章を書けるようになるまでに、かなりの文を書いているはずです。

そういう蓄積があって、あたかも何かに書かされているように感じてしまうのでしょう。

もっとも、そういった台詞を用いた方が、さまになるから言っているだけの作家も存在するかもしれません。
 

第11回 閉じ括弧の前後に句点を付けるか付けないか
第13回 一つの文を短くする

伝わりやすい文章にするには

●お問い合わせ
LINEはこちらより友だち追加・ご連絡をお願いいたします。
ID: bunsyoka でも追加いただけます。

https://line.me/ti/p/cBVU-Bs2hv


 

ご質問やお問合せ等がございましたら、以下のフォームからお問い合わせください。

『人を動かす文章サービス』お問い合わせフォーム

文章添削サービス文章作成サービス小論文添削サービスその他

captcha


このサイトの使い方
 How to use this website
最低限の個人情報の記載でご注文いただけます。
お名前(カタカナのみ可)とメールアドレスのみでご注文可。

LINEでもお問い合わせ受け付けております。
 こちらより友だち追加・ご連絡をお願いいたします。

 ID: bunsyoka でも追加いただけます。
 →https://line.me/ti/p/cBVU-Bs2hv

 

-文章の書き方

Copyright© オンライン文章専門「人を動かす文章添削・作成サービス」 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.