文章の書き方

文章の書き方:第14回 不要な語句を削る

投稿日:2016年11月21日 更新日:


 
芥川賞を受賞するような純文学では、やたらに小難しい文章が書かれている作品もありますが、一般的には、読みやすい文章が好まれます。

雑誌やパンフレットの文章が読みにくかったら、お客が離れてしまいます。

読みやすい文章とはどのようなものでしょうか。

こちらの記事
↓↓↓
>一つの文の短い読みやすい文章

でも言いましたが、なるべく文字数の少ない文を書くとよいです。

相手に必要な情報を伝えることを意識して、不必要な単語を削ってください。

自分の書いた文章を読み直して、

「これはなくても通じるな」

という単語を潰していってください。

消去した結果、伝えたいことが伝わらない文章になるようだったら、適宜付け加え直しましょう。

その際、文字数を減らせるような別の言い回しや単語が思い浮かんだら、それを使うとよいです。

もちろん、文字数が少なければ少ないほどよい、というわけではなく、文脈によってチョイスすべき言葉があることは心に留めておきましょう。
 

第13回 一つの文を短くする
第15回 推敲しましょう

伝わりやすい文章にするには

●お問い合わせ
LINEはこちらより友だち追加・ご連絡をお願いいたします。
ID: bunsyoka でも追加いただけます。

https://line.me/ti/p/cBVU-Bs2hv


 

ご質問やお問合せ等がございましたら、以下のフォームからお問い合わせください。

『人を動かす文章サービス』お問い合わせフォーム

文章添削サービス文章作成サービス小論文添削サービスその他

captcha


このサイトの使い方
 How to use this website
最低限の個人情報の記載でご注文いただけます。
お名前(カタカナのみ可)とメールアドレスのみでご注文可。

LINEでもお問い合わせ受け付けております。
 こちらより友だち追加・ご連絡をお願いいたします。

 ID: bunsyoka でも追加いただけます。
 →https://line.me/ti/p/cBVU-Bs2hv

 

-文章の書き方

Copyright© オンライン文章専門「人を動かす文章添削・作成サービス」 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.