“文章の書き方”

文章の書き方:「婉曲」(えんきょく)表現

投稿日:2016年11月22日 更新日:

文章添削・校正、編集(アレンジ)。実績累計1100件超。お見積り・ご相談は無料。皆様のおかげで継続運営。受験や就活等で実績『人を動かす文章添削サービス』。文章作成代行サービス。受け放題格安の小論文添削、英文添削。

 
「婉曲」(えんきょく)という言葉があります。

Googleで検索してトップに表示される解説を見ると婉曲とは、

「表し方が、遠まわしなこと。露骨にならないように言うこと」

とあります。

直接的に表現しないのは日本人ならではと思われがちですが、実は英語でも、特にフォーマルな場面では直接的な表現は避けるのが一般的です。

それはさておき、文章を書いていて思うのは「~だ」「~です」と言い切れることというのは、実は少ないんじゃないかということです。

例えば、空気に酸素が含まれていて、地球が太陽の周りを回っているのは、今では科学的、天文学的に証明され得るものなので言い切ることができますが、自分が知らないことであったり、事実関係が明らかでなかったりすることに対しては、「~と思います」「~と感じます」といったように、推測や感想を述べることくらいしかできません。

例がないと難しいですが、事実関係がはっきりしていること以外の場合は、以下のように断定を避ける言い回しを使うといいですね。

 

「~と思う(と思われる)」
「~と考える(と考えられる)」
「~ものと思う(と考える)」
「~と感じる(と感じられる)」
「~と推測する(と推測される)」
「~と推察する(と推察される)」
「~と考察する(と考察される)」
「~と分析する(と分析される)」
「~といえる(いうことができる)」
「~ではないか」
「~だろう(でしょう)」
「~じゃないか」
「~ありやしないか」
「~であろう」
「~という面がある」
「~という部分がある」
「~ところがある」
「~というところがある」
「~ときがある」
「~ことがある」
「~という場合がある」
「~(し)がちである」
「~の傾向がある」
「~という向きがある」
「~のよう」
「~のような」
「~というように、~というような」
「~といったような、~といったように」
「~という風な、~というふうな」
「思うに~だ(である)」
「~かもしれない」
「~の可能性がある」
「~は7割くらい(だろう)」←おおよその割合を示す

 

どの言い回しをよく使うか、使わざるを得ないかというのは、書く文章のジャンルにもよると思いますが、いずれにしても、同じ言い回しはできるだけ連続して用いないようにします。

日本語だけでなく、英語の助動詞や副詞を勉強すると、この辺りの微妙な婉曲や推測の表現に対する理解が深まるので、英語を勉強してみるのもよいかもしれません。


 

ご質問やお問合せ等がございましたら、以下のフォームからお問い合わせください。

『人を動かす文章サービス』お問い合わせフォーム

文章添削サービス文章作成サービス小論文添削サービスその他


このサイトの使い方
 How to use this website
最低限の個人情報の記載でご注文いただけます。
お名前(カタカナのみ可)とメールアドレスのみでご注文可。

Lineでもお問い合わせ受け付けております。
 こちらより友だち追加をお願いいたします。
 →https://line.me/ti/p/cBVU-Bs2hv

追ってご連絡させていただきます。お手数おかけしますが、どうぞよろしくお願い致します。

 

-“文章の書き方”

Copyright© 文章添削,文章作成専門『人を動かす文章添削サービス』/小論文添削も , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.