文章の書き方

文章の書き方:第32回 接続助詞の「が」に注意

更新日:


 
文章を書く上で、「が」は曲者だといわれています。接続助詞の「が」です。

「が」より前にある句(節)が、「が」の後ろにある句(節)と相反することを示したいか、あるいは、単に前後の句(節)をつなげているだけなのかが、わかりにくい場合があるからです。次の文の「が」は、どちらでしょうか。

 今日は寒いが、気温は10℃だ。

わかりづらいですね。シチュエーションによって解釈が異なります。季節が夏なのか冬なのかいつなのか、場所はどこなのかによっても判断が変わってきます。最終的には、話者がどういう思いで述べているかは、本人にしかわかりません。

こういう複数の解釈が可能な表現は、なるべく避けましょう。あいまいさを好む日本人にとっては、この接続助詞の「が」は便利で、ついつい多用したくなってしまうのかもしれません。

わたしも「が」には気をつけています。それでも、「が」は、ローマ字入力なら、“ga”と2つのキーを叩くだけで済むので、気軽に使いたくなってしまいますね。
 


 

ご質問やお問合せ等がございましたら、以下のフォームからお問い合わせください。

『人を動かす文章サービス』お問い合わせフォーム

    文章添削サービス文章作成サービス小論文添削サービスその他

    captcha


    このサイトの使い方
     How to use this website
    最低限の個人情報の記載でご注文いただけます。
    お名前(カタカナのみ可)とメールアドレスのみでご注文可。

    Lineでもお問い合わせ受け付けております。
     こちらより友だち追加をお願いいたします。
     →https://line.me/ti/p/cBVU-Bs2hv

    追ってご連絡させていただきます。お手数おかけしますが、どうぞよろしくお願い致します。

     

    -文章の書き方

    Copyright© オンライン文章専門「人を動かす文章添削・作成サービス」 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.