文章の書き方

文章の書き方:第44回「思う」「考える」「感じる」を使い分ける

更新日:


 
文章を書いていて、文末が、「~と思う」「~と思います」となることが多いですよね。

英語で、「思う」「考える」は、"think"で同じですが、ほとんどの場合、それぞれ「思う」か「考える」で置き換えられます。

厳密に区別しようとすると、ぱっと思い浮かぶことについては文字通り「思う」で、多少時間をかけて出した感想や意見に関しては「考える」とするのが適切にみえます。

「感じる(feel)」については、頭、脳内でひねり出したものでなく、皮膚感覚で、あるいはハート(胸の中)、または第六感で捉えたことを「感じる」と呼んでいる気がします。

特に意識しないで書くと、「~思う。」で終わる文になりがちなので、置き換えが可能であれば、「思う」「考える」「感じる」を使い分けて書くとよいでしょう。

ちなみに、小論文では、「~と考える」を使用することが多いです。感想文のように、思ったことや感じたことを書くのではなく、自分の考えを書くことが求められるからでしょう。
 


 

ご質問やお問合せ等がございましたら、以下のフォームからお問い合わせください。

『人を動かす文章サービス』お問い合わせフォーム

    文章添削サービス文章作成サービス小論文添削サービスその他

    captcha


    このサイトの使い方
     How to use this website
    最低限の個人情報の記載でご注文いただけます。
    お名前(カタカナのみ可)とメールアドレスのみでご注文可。

    LINEでもお問い合わせ受け付けております。
     こちらより友だち追加・ご連絡をお願いいたします。

     ID: bunsyoka でも追加いただけます。
     →https://line.me/ti/p/cBVU-Bs2hv

     

     46 total views,  46 views today

    -文章の書き方

    Copyright© オンライン文章専門「人を動かす文章添削・作成サービス」 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.