コラム

川崎連続殺傷事件を受けて

投稿日:

文章添削・校正、編集(アレンジ)。実績累計1100件超。お見積り・ご相談は無料。皆様のおかげで継続運営。受験や就活等で実績『人を動かす文章添削サービス』。文章作成代行サービス。受け放題格安の小論文添削、英文添削。

川崎連続殺傷事件に関する報道が加熱しているように思うが、このような事件を二度と起こさないようにするために、われわれはどうするべきなのだろうか。

https://www.j-cast.com/2019/05/28358597.html?p=all

スクールバスでの登下校は、不審者などから登下校中の子供を守るために行われている側面もあると思うが、バスの到着を待っていたり、バスの乗り降りをしたりしている間に、不審者に襲われるという事態はあまり想定されてこなかったと言えるかもしれない。

包丁や刃物を持つ犯人に対して防犯の効果を最も発揮するのは銃を持つこと、だと言う評論家もいるが、そのとおりだろう。

警察以外の人間が銃を持つことを積極的に推奨する専門家や評論家もあまりいないが、刃物を持つ犯人と距離をおいた状態で攻撃ができ、瞬間的に犯人の動きを封じることができるのは銃弾である。

一ついえるのは、スクールバスで親や学校の先生が見守る状態であっても、このような事件を起こす犯人がいるということである。

学校や被害者には何の責任もないが、このような事件を起こさないようにするために、専門家だけでなく、社会全体で知恵を出し合い、対策を練り、実行していく必要がある。

HOME

-コラム

Copyright© 文章添削,文章作成専門『人を動かす文章添削サービス』/小論文添削も , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.