「 投稿者アーカイブ:bunshoka 」 一覧

no image

文章の書き方:助詞「~の」連続は避ける

2016/11/22   -文章の書き方

文章を作成するにあたり、助詞「~の」は、あまり連続して使わないほうがよいとされています。 たとえば、以下の文(例文の内容自体に意味はありません)、 近所のレストランのテーブルの上にひじをつきながらコー ...

no image

文章の書き方:文章作成・文章添削でGoogle検索を活用する

2016/11/22   -文章の書き方

文章作成に役立つテクニックをお教えします。 すでに知っている方もいらっしゃるかもしれないので、偉そうに言うつもりはありません。 文章を書いていて、「これでおかしくないか?」「あってるだろうか?」と、表 ...

no image

文章の書き方:問題意識を持つ

2016/11/22   -文章の書き方

作文、小論文、レポート等を書いてくださいと言われて、「何を書けばよいかわからない」と、頭を悩ませたことがある人も多いと思います。 私も、その口でした。 質は問わず、とりあえずは、最低限必要な文字数を書 ...

no image

文章の書き方:「体言止め」の使い方

2016/11/22   -文章の書き方

「体言止め」をご存知でしょうか。 釈迦に説法かもしれませんが、goo辞書から引用させていただくと、「体言止め」の意味は、 >和歌・俳諧などで、最後の句を体言で終わらせること。余韻・余情を生じさせる効果 ...

no image

文章の書き方:「習うより慣れろ」慣れるためには、とにかく書いてみる

2016/11/22   -文章の書き方

「習うより慣れろ」とよくいますが、文章も同じです。 『思考の整理学』で有名な外山滋比古氏も、文章がうまくなりたいなら、毎日数行でよいから、「書いてみるとよい」と言っています。 それでも、文章の書くのに ...

no image

文章の書き方:「~という」を減らす

2016/11/22   -文章の書き方

人それぞれ口癖があるように、文章にも「書き癖(かきぐせ)」があります。 よくみられるクセに、「~という」があります。 「佐藤という人」「~ということ(になる)」等々、探せばいくらでも例は出てきます。 ...

no image

文章の書き方:意味が伝わりやすい言葉の組み合わせ(コロケーション)

2016/11/22   -文章の書き方

文章を書くにあたって、まず肝心なのが、読んで意味が通じることです。 「そんなの言われなくてもわかってるよ」 と思いましたか? しかし、読みやすい文章にするには、意味が通じるだけでは不十分です。 英語で ...

no image

文章の書き方: 推敲しましょう

2016/11/22   -文章の書き方

文章を書く際、大切なことはさまざまありますが、必ず見直しをするようにしてください。 いわゆる推敲が必要になります。 どんな名文家、名作家でも、見直しをせずに、読みやすい文章を書くことはできません。 不 ...

no image

文章の書き方:読みやすい文章にするには

2016/11/21   -文章の書き方

芥川賞を受賞するような純文学では、やたらに小難しい文章が書かれている作品もありますが、一般的には、読みやすい文章が好まれます。 雑誌やパンフレットの文章が読みにくかったら、お客が離れてしまいます。 読 ...

no image

文章の書き方:一文の短い読みやすい文章

2016/11/21   -文章の書き方

文章の書き方を指南する本などでは、 「一文を短くする」 というアドバイスがよくなされています。 「文(ぶん)」は、Yahoo!辞書によると次のような意味があります。 一語またはそれ以上の語からなり、ひ ...

Copyright© 人を動かす文章添削(文章校正)・作成サービス・小論文添削指導サービス , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.