「 投稿者アーカイブ:bunshoka 」 一覧

no image

文章の書き方:「習うより慣れろ」慣れるためには、とにかく書いてみる

2016/11/22   -文章の書き方

「習うより慣れろ」とよくいますが、文章も同じです。 『思考の整理学』で有名な外山滋比古氏も、文章がうまくなりたいなら、毎日数行でよいから、「書いてみるとよい」と言っています。 それでも、文章の書くのに ...

no image

文章の書き方:「~という」を減らす

2016/11/22   -文章の書き方

人それぞれ口癖があるように、文章にも「書き癖(かきぐせ)」があります。 よくみられるクセに、「~という」があります。 「佐藤という人」「~ということ(になる)」等々、探せばいくらでも例は出てきます。 ...

no image

文章の書き方:意味が伝わりやすい言葉の組み合わせ(コロケーション)

2016/11/22   -文章の書き方

文章を書くにあたって、まず肝心なのが、読んで意味が通じることです。 「そんなの言われなくてもわかってるよ」 と思いましたか? しかし、読みやすい文章にするには、意味が通じるだけでは不十分です。 英語で ...

no image

文章の書き方: 推敲しましょう

2016/11/22   -文章の書き方

文章を書く際、大切なことはさまざまありますが、必ず見直しをするようにしてください。 いわゆる推敲が必要になります。 どんな名文家、名作家でも、見直しをせずに、読みやすい文章を書くことはできません。 不 ...

no image

文章の書き方:読みやすい文章にするには

2016/11/21   -文章の書き方

芥川賞を受賞するような純文学では、やたらに小難しい文章が書かれている作品もありますが、一般的には、読みやすい文章が好まれます。 雑誌やパンフレットの文章が読みにくかったら、お客が離れてしまいます。 読 ...

no image

文章の書き方:一文の短い読みやすい文章

2016/11/21   -文章の書き方

文章の書き方を指南する本などでは、 「一文を短くする」 というアドバイスがよくなされています。 「文(ぶん)」は、Yahoo!辞書によると次のような意味があります。 一語またはそれ以上の語からなり、ひ ...

no image

文章の書き方:「何かに書かされているように感じる」まで

2016/11/21   -文章の書き方

作家や脚本家などで、 「何かに書かされているように感じるときがある」 と言う人がいますが、普通の人は、どんなに待っても、人の心を打つような文章が天から降ってくることはありません。 やっぱり、自分で試行 ...

no image

文章の書き方:閉じ括弧の前後に句点を付けるか付けないか

2016/11/21   -文章の書き方

小学校のころ、閉じ括弧の前には句点(「。」)をつけると教わった記憶があります。 しかし実際、閉じ括弧の前に句点をつける文章はあまり見かけません。 文化庁の参考資料にこのようなものがあります。 くぎり符 ...

no image

文章の書き方:読みやすい文章を生むために

2016/11/21   -文章の書き方

読みやすい文章はあると思いますが、最初からそれがあるわけではないと思います。 つまり、どうすれば読みやすい文章になるかを考えながら書いていくうちに、読みやすい文章が生まれるのではないか、ということです ...

no image

文章の書き方:「伝わる文」とは

2016/11/21   -文章の書き方

文章を書くとき、同じ言葉、同じ言い回しを用いていないかに注意してください。 多くの場合、「伝わる文」は、少ない文字数で成り立っています。 たいていの読み手は、簡潔な文章を好みます。 ↓↓↓

Copyright© 人を動かす文章添削・作成サービス・小論文添削指導サービス , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.