集客にSNSを活用するコツ

これまで集客のために参考にしてきたネット等の情報をご紹介します。

 

・アメブロを利用する
 -アメブロで関連のジャンルのブログの読者登録をする。
 -ブログ記事で商品やサービス等の説明・解説をする
・メルマガを配信する
・Twitterでアカウントをフォローし、つぶやく
・Facebookを利用する
・TwitterやFacebookの広告機能を利用する

 

● アメブロを利用する(複数のブログを利用する)
アメブロはアメーバブログの略ですが、芸能人等著名人も多く利用していて、検索エンジンなどでも上位に表示されやすいブログになっています。

アメブロには読者登録機能があり、最大で1000件まで読者申請ができます。読者登録申請をする際には、自分と関連があるジャンルのブログか、お客さんになり得る層のブログをターゲットにします。

またアメブロには、自分が訪問したことを知らせる「ペタ」や読んだ記事に「いいね!」を付ける機能があるので、その履歴をたどってユーザーが訪れる可能性もあります。

ブログ記事では、商品やサービス等、自分が紹介したいものについての解説を書きます。

初期の段階では、とにかく記事数を増やすことを意識してください。

記事を増やすと、いくつか検索エンジンで上位に表示されるものも出てきます。

ちなみに私のアメブロは、「文章 添削」で検索すると上位に表示されるようになっています。
http://ameblo.jp/bunsyoka/entry-10767246976.html

アメブロの開設はこちら
https://www.ameba.jp/

ちなみに、余裕がある方は、FC2ブログや楽天ブログなど、他にもブログサービスがあるので、複数のブログに投稿すると良いでしょう。内容は同じものでも構いません。

ちなみに、こちらのサイトでPing送信をすると、ブログ更新をいち早く知らせることができます。

Ping送信ならPINGZONE - ブログやサイトも無料で一括送信!

ご活用ください。

また、GoogleやYahoo!などの検索エンジンの結果に表示してもらうために、作成したブログを認識してもらうために、検索エンジンにサイト登録をします。

Googleはこちら
Google サーチコンソール

Bingはこちら
自分のサイトを Bing に登録する

 

● メルマガを配信する
ブログと異なりメルマガは、登録した人のメールボックスに届くので、読まれる確率が高い媒体です。
特に注目を惹くタイトルを付けると、メールが開封される確率がアップします。

まぐまぐなどのメルマガでは、メルマガ登録後に配信される最新のメルマガから読むことが可能ですが、配信者の設定により過去のメルマガが閲覧できないことがあります。

一方、メルマガの登録者にメルマガの創刊号(第一号)から順番に読ませることができる「ステップメール」というメルマガがあります。

メルマガで紹介したい商品やサービス等の情報を一から順を追って説明できるので、効果を発揮しやすいのがこのステップメールです。

私もこちらの無料のステップメールを使用しています。
http://1step-m.com/

本当に作成したメルマガが届くかが心配な場合は、以下のような有料のメールマガジンスタンドで配信されることをおすすめします。
↓↓↓↓↓

審査がありますが、まぐまぐなどの有名なスタンドで読者を集めてから、自分独自のメルマガに誘導するのも一つの手だと思います。

 

Twitterでアカウントをフォローし、つぶやく
Twitterアカウントを作成し、興味を持ってくれそうなユーザーをフォローします。

ブログやメルマガはある程度の文字数の文章を書く必要がありますが、Twitterではプロフィール文を作成し、短くてもURLを含んだ文をツイートすれば、比較的すぐにアクセスを集めやすいのが特徴です。

ただし、その分、Twitterで誘導するホームページやブログの情報は充実させてください。

自分の関連ジャンルかターゲットとなる層のアカウントをフォローします。

検索をして探すこともできますが、関連ジャンルのアカウントがフォローしてるアカウント、または関連ジャンルのフォロワーの中にもターゲットとするアカウントが含まれていることが多いです。

フォローをしてくれたアカウントは、自分が好ましく思わないアカウント(アダルト・出会い系等)を除き、なるべくフォローを返します。

一度にたくさんフォローするとアカウントが凍結され、フォローやツイートができなくなるので注意が必要です。

Twitterのユーザーはフォローしてきたアカウントのプロフィール文を読むのが普通なので、プロフィールの文章を工夫し、プロフィール内にクリックしてもらいたいページのURLを記載するとよいです。アカウント名かプロフィール欄、ツイート文に「相互フォロー」と記入をしておくとフォローされる確率が高まります。

また、プロフィール欄にはホームページやブログのURLを必ず記載します。

こちらで、アカウントをフォローし、紹介文を作成するサービスを提供させていただいております。
↓↓↓↓↓
SNSを商売に活かしたいあなたに

一定数まではフォローできますが、フォロワー数よりフォロー数が大きいと、Twitterの仕様上、それ以上フォローができなくなっています。

その状態になることを防ぐために、一定期間を過ぎてもフォローを返してくれないTwitterアカウントのフォローを外せるツールがあるので、こちらを使います。

『マネージフリッター』
https://manageflitter.com/

 

ツイート(つぶやく)する際には、ブログまたはホームページ等の詳細が掲載しているページのURLを貼り、誘導します。

いきなり売ろうとするよりは、Twitterでアクセスを集めて、まずは無料メルマガに登録してもらうか、無料レポートを配布してメールアドレスなどのリストを集めて、メルマガで商品やサービスのメリット等を説明していくと成約率も上がります。

また、場合によっては、自動でつぶやいてくれる以下のようなbot作成サービスを利用します。

『メイクボット』
http://makebot.sh/
『twittbot』
http://twittbot.net/

 

ただし、botを利用してあまりつぶやき過ぎると、アカウントが凍結されてTwitterの利用ができなくなるので注意が必要です。

 

【投稿の時間帯】
ブログやTwitterのツイートは、比較的アクセスの多いお昼の12時か、21~22時に投稿するとよいとされています。

ブログは投稿記事を公開する日時を指定できるので、時間に余裕があるときに記事を書いておいて設定をしておくとよいでしょう。

Twitterでも、上記などのツールやアプリを使えば、ツイートする時間を指定できます。

SNSの使い方については、こちらでもサポートさせていただいております。
↓↓↓
SNSの使い方がわからない、SNS初心者のあなたに

 

さらに、こちらでSNS拡散サービスを提供させていただいておりますので、お気軽にお問い合わせ、ご利用ください。

 


Count per Day

  • 2638現在の記事:
  • 59961総訪問者数:
  • 90今日の訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:

投稿日:2017年3月5日 更新日:

Copyright© 人を動かす文章添削(文章校正)・作成サービス・小論文添削指導サービス , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.