結果を出す文章添削(校正)・文章作成|返信がない場合LINEにご連絡ください

文章の書き方

文章の書き方:第8回 助詞(てにをは)の正しい使い方

更新日:

最短即日納品可能(先払い)

実績多数。
学割(大学生まで):3月31日まで
・添削料金20%OFF※原稿400字を超える場合
・文章作成料金20%OFF。
・小論文添削料金10%OFF

【文章添削・文章作成専門サービス】

24時間受付中(土日祝も受付)
<●お問い合わせ、ご相談は無料・LINE
お問い合わせ・お見積りはこちら

添削受け放題・質問受け放題の『小論文添削サービス』
(回数を気にせず複数回受講できる添削サービスはここだけ
たくさん受けても同じ料金。
先着3名様限定。
詳しくはお問い合わせください。)
●添削・サポート受け放題プラン


 
英語には「てにをは」(助詞)がありません。

Onやin, atなど日本語の助詞に近い、前置詞と呼ばれるものはありますが、その役割や使い方には違いがあります。

デーブ・スペクターのような日本語のうまい外国人でも、たまに助詞の使い方が適切でないときがあります。

しかし、日本人である我が身を振り返ってみても、話しているときに「助詞を間違えた」な、と振り返り、自覚することがあります。

助詞が多少違っても、意味が相手に伝わることは多いですが、そのちょっとした違いが気になる人もいます。

読みやすい文章の定義の一つとして、助詞の使い方が適切かどうかが挙げられるでしょう。
 

第7回 次に何を書くべきかわからなくなった時く
第9回 重複表現を避ける――同じ言い回しを用いない

人を動かす文章添削サービス

<●お問い合わせ、ご相談は無料・LINE
お問い合わせ・お見積りはこちら

LINEはこちらより友だち追加・ご連絡をお願いいたします。
ID: bunsyoka でも追加いただけます。

https://line.me/ti/p/cBVU-Bs2hv


 

ご質問やお問合せ等がございましたら、以下のフォームからお問い合わせください。

『人を動かす文章サービス』お問い合わせフォーム

    文章添削サービス文章作成サービス小論文添削サービスその他

    captcha


    このサイトの使い方
     How to use this website
    最低限の個人情報の記載でご注文いただけます。
    お名前(カタカナのみ可)とメールアドレスのみでご注文可。

    LINEでもお問い合わせ受け付けております。
     こちらより友だち追加・ご連絡をお願いいたします。

     ID: bunsyoka でも追加いただけます。
     →https://line.me/ti/p/cBVU-Bs2hv

     

    -文章の書き方

    Copyright© オンライン文章専門「人を動かす文章添削・作成サービス」 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.