結果を出す文章添削(校正)・文章作成|返信がない場合LINEにご連絡ください

文章の書き方

文章の書き方:第30回 自分の意見がない場合→良いと思う人の意見を引用する

更新日:

最短即日納品可能(先払い)

実績多数。
学割(大学生まで):3月31日まで
・添削料金20%OFF※原稿400字を超える場合
・文章作成料金20%OFF。
・小論文添削料金10%OFF

【文章添削・文章作成専門サービス】

24時間受付中(土日祝も受付)
<●お問い合わせ、ご相談は無料・LINE
お問い合わせ・お見積りはこちら

添削受け放題・質問受け放題の『小論文添削サービス』
(回数を気にせず複数回受講できる添削サービスはここだけ
たくさん受けても同じ料金。
先着3名様限定。
詳しくはお問い合わせください。)
●添削・サポート受け放題プラン


 
作文や感想文、小論文でもそうですが、文章を書くとなると、自分の意見を書くものだというイメージを持っている人も多いと思います。

となると、「自分の意見がない」場合は、書くことが難しく感じるかもしれません。

それで困ったときは、自分以外の人だったらどう考えるかと想像してみましょう。

ジョン・レノン的に言うと、イマジンしてください、ということです。

自分の親、子ども、夫(妻)、兄妹、教師、生徒、隣人だったら、この問題(事象)についてどう感じるだろうかと考えるのです。

それは人間だけでなく、役所、企業、学校等組織単位の視点でも構いません。

「お役所的な発想ではそうなるけど、民間ではこう考えるよね」

ということがありますが、立場が違えば考え方も異なってきます。

どの立場にも偏らず、物事を公正に捉え観られる人が優れた人材だとみなされます。

悲しいかな、実生活では、あまりに公平を期そうとすると、煙たがれることもままありますが、さまざまな考え方ができることを示せば、評価は高まります。

「AとBどちらの意見も理解できますが、どちらかというと私は、Bと同じように考えます」

特に自分に強く主張したいことがない場合は、このように自分に近い意見を引き合いに出して、それに賛成を示す書き方をするのもありです。
 

人を動かす文章添削サービス

文章の書き方:第29回 テーマがなければ自分で作れ ―― テーマを設定する
第31回 ゼロから文章は生まれない

<●お問い合わせ、ご相談は無料・LINE
お問い合わせ・お見積りはこちら

LINEはこちらより友だち追加・ご連絡をお願いいたします。
ID: bunsyoka でも追加いただけます。

https://line.me/ti/p/cBVU-Bs2hv

 


 

ご質問やお問合せ等がございましたら、以下のフォームからお問い合わせください。

『人を動かす文章サービス』お問い合わせフォーム

    文章添削サービス文章作成サービス小論文添削サービスその他

    captcha


    このサイトの使い方
     How to use this website
    最低限の個人情報の記載でご注文いただけます。
    お名前(カタカナのみ可)とメールアドレスのみでご注文可。

    LINEでもお問い合わせ受け付けております。
     こちらより友だち追加・ご連絡をお願いいたします。

     ID: bunsyoka でも追加いただけます。
     →https://line.me/ti/p/cBVU-Bs2hv

     

    -文章の書き方

    Copyright© オンライン文章専門「人を動かす文章添削・作成サービス」 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.