受け放題サブスク添削・文章作成サービス|ご相談お見積無料|返信がない場合LINEメッセージください

人を動かす文章添削サービス 文章の書き方(文章力を上げる方法)・文章作成で気をつけるべきこと

文章の書き方:第32回 接続助詞の「が」に注意

更新日:

人を動かす文章で成功する、一言一句に魂を込める
受け放題サブスク添削『小論文通信添削指導サービス』添削・サポート受け放題

LINE ID: bunsyokaで検索 QRコードを押すと「友だち追加」されます。
最低限の個人情報でお申し込み可(匿名・ニックネーム可)
24時間受付中(土日祝も受付)
早急対応初回無料
最後まであきらめない

文章を書く上で、「が」は曲者だといわれています。接続助詞の「が」です。

「が」より前にある句(節)が、「が」の後ろにある句(節)と相反することを示したいか、あるいは、単に前後の句(節)をつなげているだけなのかが、わかりにくい場合があるからです。次の文の「が」は、どちらでしょうか。

 今日は寒いが、気温は10℃だ。

わかりづらいですね。シチュエーションによって解釈が異なります。季節が夏なのか冬なのかいつなのか、場所はどこなのかによっても判断が変わってきます。最終的には、話者がどういう思いで述べているかは、本人にしかわかりません。

こういう複数の解釈が可能な表現は、なるべく避けましょう。あいまいさを好む日本人にとっては、この接続助詞の「が」は便利で、ついつい多用したくなってしまうのかもしれません。

わたしも「が」には気をつけています。それでも、「が」は、ローマ字入力なら、“ga”と2つのキーを叩くだけで済むので、気軽に使いたくなってしまいますね。
 

人を動かす文章添削サービス

第31回 ゼロから文章は生まれない
第33回 ブログの文章は質より量

<●お問い合わせ、ご相談は無料・LINE
お問い合わせ・お見積りはこちら

Lineはこちらより友だち追加と、ご連絡をお願いいたします(ご依頼内容をお伝えください)。https://line.me/ti/p/cBVU-Bs2hv


 

ご質問やお問合せ等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

文書を送る,お問合せ【Send message and Contact】

このサイトの使い方
 How to use this website
最低限の個人情報の記載でご注文いただけます。
お名前(カタカナのみ可)とメールアドレスのみでご注文可。

LINEでもお問い合わせ受け付けております。
 こちらより友だち追加と、ご連絡をお願いいたします(ご依頼内容をお伝えください)。
 →https://line.me/ti/p/cBVU-Bs2hv

ID検索:bunsyoka
友だち追加後、ご連絡ください。お手数おかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

-人を動かす文章添削サービス, 文章の書き方(文章力を上げる方法)・文章作成で気をつけるべきこと

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com

Copyright© 【文章専門】人を動かす文章添削・作成サービス , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.

お問い合わせ
お問い合わせ