文章の書き方

文章の書き方:文章を寝かす

投稿日:

文章の書き方を指南する本を書店でよく見かけます。

わたしも何冊か読んだことはあります。

読むのはよいのですが、文章を書く力をアップさせるためには、そういった本を読むだけじゃダメで、それを参考にしながら実際書いてみる、という作業が必要です。

書く練習をするのです。

書いた文章は誰かに見てもらってください。

自分だけでなく、他人が読んでも理解できる文章になっているかを確認するためです。

そうはいっても、文章の練習に付き合ってくれるような人は、なかなか見つからないかもしれません。

文章を読むのがおっくう、という人もいますからね。

その場合どうすればよいか。

ラブレターなど自分にとって大事な手紙を書くときに使われる手法ですが、一晩寝かして、翌朝文章を点検するとよいです。

一晩でなく、数日でも一週間でもOKです。

わたしは、メルマガでブログ記事のバックナンバーを配信しているのですが、そのまま過去に書いた文章を載せているわけでなく、多少手を加えています。

ある程度時間が経ってから読み返すと、自分の文章でも、「ここはこうしたほうがよい」と客観的に見ることができます。

人間、興奮しているときは周りが見えにくくなります。

物事を的確に伝えるには、冷静になることが肝心です。

そういう意味で、練習相手が見つからない場合、「文章を寝かす」ことをおすすめします。

「やっぱり誰かにみて欲しい」という場合、微力ながら私がチェックをさせていただきます。

↓↓↓
totensakuserviceorderpage

-文章の書き方

Copyright© 人を動かす文章添削(文章校正)・作成サービス・小論文添削指導サービス , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.