結果を出す文章添削(校正)・文章作成|返信がない場合LINEにご連絡ください

文章の書き方

文章の書き方:第6回 頭がいい人に見せる文章の書き方

更新日:

最短即日納品可能(先払い)

実績多数。
学割(大学生まで):3月31日まで
・添削料金20%OFF※原稿400字を超える場合
・文章作成料金20%OFF。
・小論文添削料金10%OFF

【文章添削・文章作成専門サービス】

24時間受付中(土日祝も受付)
<●お問い合わせ、ご相談は無料・LINE
お問い合わせ・お見積りはこちら

添削受け放題・質問受け放題の『小論文添削サービス』
(回数を気にせず複数回受講できる添削サービスはここだけ
たくさん受けても同じ料金。
先着3名様限定。
詳しくはお問い合わせください。)
●添削・サポート受け放題プラン


 
大学入試の小論文や就職試験での作文、志望動機・自己PRなど、人生の重要な局面で、文章を書く力が試されます。

面接まで進めば、文章で十分に表現できなかった部分をカバーすることもできるかもしれませんが、その前の書類選考で落とされてしまったら、挽回するチャンスもありません。

ベストセラー『頭がいい人、悪い人の話し方』で有名な作家・樋口裕一氏は『ホンモノの文章力』という著書の中で、「文は自己演出なり」と言っています。

その心は、「自分をどのように見せたいかを決めて、『見せたい自分』を演出するのが、文章だ」ということです。

100%ありのままの自分を見せる必要はなく、相手に自分をこう見て欲しい、こう見られたい、という希望があるなら、そう見られるような文章表現をすればよい、と述べます。

これは嘘をついてもよい、ということではありません。

好きな人に気に入られようと思って、ついつい自分を良く見せるようなことを言ってしまった、という経験をしたことがある人もいるでしょう。

それがうまくいくかどうかは別にして、それと同じことが文章でもできるのです。

考えながら書くことができる分、文章のほうが演出をほどこしやすいというのは筆者の言う通りです。

少しでも文章で自分をうまく表現(演出)する力があれば、今とは違う世界へ行ける可能性もあるわけです。

いざ、というときのために書く訓練をしておくのがよいでしょう。
 

第5回 文章を寝かす
第7回 文章を書く手が止まった時

人を動かす文章添削サービス

<●お問い合わせ、ご相談は無料・LINE
お問い合わせ・お見積りはこちら

Lineはこちらより友だち追加をお願いいたします。
https://line.me/ti/p/cBVU-Bs2hv


 

ご質問やお問合せ等がございましたら、以下のフォームからお問い合わせください。

『人を動かす文章サービス』お問い合わせフォーム

    文章添削サービス文章作成サービス小論文添削サービスその他

    captcha


    このサイトの使い方
     How to use this website
    最低限の個人情報の記載でご注文いただけます。
    お名前(カタカナのみ可)とメールアドレスのみでご注文可。

    Lineでもお問い合わせ受け付けております。
     こちらより友だち追加をお願いいたします。
     →https://line.me/ti/p/cBVU-Bs2hv

    ID検索:bunsyoka
    友だち追加後、ご連絡ください。お手数おかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

     

    -文章の書き方

    Copyright© オンライン文章専門「人を動かす文章添削・作成サービス」 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.