文章の書き方

文章の書き方:助詞「~の」連続は避ける

投稿日:

文章を作成するにあたり、助詞「~の」は、あまり連続して使わないほうがよいとされています。

たとえば、以下の文(例文の内容自体に意味はありません)、

近所のレストランのテーブルの上にひじをつきながらコーヒーを飲んだ。

では、「の」が3回続きます。

訂正すると、次のような文が考えられます。

近所にある(の)レストランで、テーブルの上にひじをつきながらコーヒーを飲んだ。

2回までなら、「~の」を使ってもよいともききます。

なにか冗長である、と感じたら「~の」が多用されていないか気をつけてください。

↓↓↓
totensakuserviceorderpage

-文章の書き方

Copyright© 人を動かす文章添削(文章校正)・作成サービス・小論文添削指導サービス , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.