結果を出す文章添削(校正)・文章作成|返信がない場合LINEにご連絡ください

文章の書き方

文章の書き方:第23回「~と思います」でなく「~です(だ、である)」と言い切る

更新日:

最短即日納品可能(先払い)

実績多数。
学割(大学生まで):3月31日まで
・添削料金20%OFF※原稿400字を超える場合
・文章作成料金20%OFF。
・小論文添削料金10%OFF

【文章添削・文章作成専門サービス】

24時間受付中(土日祝も受付)
<●お問い合わせ、ご相談は無料・LINE
お問い合わせ・お見積りはこちら

添削受け放題・質問受け放題の『小論文添削サービス』
(回数を気にせず複数回受講できる添削サービスはここだけ
たくさん受けても同じ料金。
先着3名様限定。
詳しくはお問い合わせください。)
●添削・サポート受け放題プラン


 
文末を「~と思います」で締める書き方があります。

書き方というほど大げさなものではありませんが、話をするときにも「~と思います」はよく使用されます。

断定を避けたり、相手にぶしつけで直截的な印象を与えたりしないように、「~と思います」と言うことがあります。

しかし、あまり「~と思います」「~と思う」を多用すると、読み手に、この筆者は自信がないのではないかなどと思われる可能性があります。

私も書いた文章を読み返すと、文末が「~と思います」ばかりになっているのに気づくことがあります。

そういう場合、「~です」「~だ」「~である」と言い切っても、それほど問題ない箇所については適宜修正を加えます。

多くの読者は、多少ハッタリがあったとしても、

“これであなたはモテるようになります!”

というように断言する文章に惹かれます。

毒舌と言われ、煙たがれることもある作家やタレントがいますが、その一方で、そういう人たちには不思議と多くのファン、フォロワーも存在します。

ほとんどの人は、どっち付かずというのを好まず、イエスかノーか白黒はっきりした状態を好むのでしょう。

あえて毒舌になる必要はありませんが、言い切ってもよいところは、「~です」と断言しましょう。
 

第22回 助詞「~の」連続は避ける
第24回 ですます調(敬体)、である調/断定調(敬体)を統一する

人を動かす文章添削サービス

<●お問い合わせ、ご相談は無料・LINE
お問い合わせ・お見積りはこちら

LINEはこちらより友だち追加・ご連絡をお願いいたします。
ID: bunsyoka でも追加いただけます。

https://line.me/ti/p/cBVU-Bs2hv

 


 

ご質問やお問合せ等がございましたら、以下のフォームからお問い合わせください。

『人を動かす文章サービス』お問い合わせフォーム

    文章添削サービス文章作成サービス小論文添削サービスその他

    captcha


    このサイトの使い方
     How to use this website
    最低限の個人情報の記載でご注文いただけます。
    お名前(カタカナのみ可)とメールアドレスのみでご注文可。

    LINEでもお問い合わせ受け付けております。
     こちらより友だち追加・ご連絡をお願いいたします。

     ID: bunsyoka でも追加いただけます。
     →https://line.me/ti/p/cBVU-Bs2hv

     

    -文章の書き方

    Copyright© オンライン文章専門「人を動かす文章添削・作成サービス」 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.