文章の書き方

文章の書き方:クエスチョンマーク “?” の後にはスペースを入れる

投稿日:2016年11月24日 更新日:

人を動かす文章添削サービス

 
英語では、こちらの記号 → “?” 「クエスチョンマーク(疑問符)」やエクスクラメーションマーク(感嘆符)→ “!”が使われますが、基本的には日本語にはないものです。

なので、ビジネスメールや試験の際の小論文などでは使用を控えたほうがよいのですが、小説やメールなど日常のカジュアルな文章では普通に使用されています。

これらのマークを使う際にもルールがあります。

それは、?や!の後には、スペースを入れるということです。

「このやろ!」

で、文が終わり改行する場合にはスペースは不要ですが、「~?(!)」の後に改行をせず、文が続く場合はスペースを置きます。

日本語なので全角スペースを入れるのが基本ですが、ネット上では半角スペースにしているものもよく見かけます。

私も、ウェブ上では半角スペースにすることが多いです。

全角スペースだと少し間があき過ぎかなと感じてしまいます。

こういった部分はあまり学校の国語のテストでも出題されません。

数学等の問題と違って、これだから間違いとは言い切れないところがあると思います。

「食べられる」に対する「食べれる」のようなら抜き言葉も、誤った使い方だとされていますが、ら抜き言葉を使う人が減らず、むしろこれから増えていったとしたら、誤りだとすら考えない人も現れてくると思います。

いくら国語(日本語)を研究している大学教授等が、「それは間違いだ」と言って改善を訴えたとしても、大多数がこのほうが言いやすいと思って使い続けていれば、その流れに逆らうことはできません。

変化していくのが必然で、それが自然なことだとしても、どう変わるかまでは読めないのです。

↓↓↓
格安、受け放題の小論文作成添削指導サービス
文章力アップ講座
解説書『小論文の虎の巻』を無料進呈中!

 
●<お問い合わせ、ご相談>
お問い合わせ・お見積りはこちら
24時間受付中
お気軽にお問い合わせください。


 
このサイトの使い方
 How to use this website
最低限の個人情報の記載でご注文いただけます。
お名前とメールアドレスのみでご注文可。
 

142 total views, 29 views today

-文章の書き方

Copyright© 文章添削・文章作成専門サイト『人を動かす文章添削サービス』Japanese proofreading service , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.