文章の書き方

文章の書き方:第34回 クエスチョンマーク “?” の後にはスペースを入れる

投稿日:2016年11月24日 更新日:


 
英語では、こちらの記号 → “?” 「クエスチョンマーク(疑問符)」やエクスクラメーションマーク(感嘆符)→ “!”が使われますが、本来日本語にはないものです。

なので、ビジネスメールや試験の際の小論文などでは使用を控えたほうがよいのですが、小説やメールなど日常のカジュアルな文章では普通に使用されています。

これらのマークを使う際にもルールがあります。

それは、「?」や「!」の後には、スペースを入れるということです。

「このやろ!」

というように、文がそこで終わり改行する場合にはスペースは不要ですが、「~?(!)」の後に改行をせず、次の文が続く場合は以下のようにスペースを置きます。

「このやろ! 彼は…」

日本語なので全角スペースを入れるのが基本ですが、ネット上では半角スペースにしているものもよく見かけます。

私も、ウェブ上では半角スペースにすることが多いです。

全角スペースだと少し間があき過ぎかなと感じてしまいます。

こういった部分はあまり学校の国語の授業でも取り上げられません。

原稿用紙の使い方を守ることも大切ですが、それ以上に大切なのは中身です。試験であれば減点はされるかもしれませんが、何を書くかのほうが重要であることに違いはありません。

「食べられる」に対する「食べれる」のようなら抜き言葉も、誤った使い方だとされていますが、ら抜き言葉を使う人が減らず、むしろこれから増えていったとしたら、誤りだとすら考えない人も現れてくると思います。

いくら国語(日本語)を研究している大学教授等が、「それは間違いだ」と言って改善を訴えたとしても、大多数がこのほうが言いやすいと思って使い続けていれば、その流れに逆らうことはできないのです。

言葉や言葉の使い方が変化していくのは必然で、それが自然なことだとしても、どう変わるかまでは読めませんが、だいたいの流れとしては言いやすい(書きやすい)ように変化していく性質が言葉にはあると思います。
 

第33回 ブログの文章は質より量
第35回 句読点の使い方-助詞の「や」と「と」の後ろに読点「、」について

伝わりやすい文章にするには

●お問い合わせ
LINEはこちらより友だち追加・ご連絡をお願いいたします。
ID: bunsyoka でも追加いただけます。

https://line.me/ti/p/cBVU-Bs2hv


 

ご質問やお問合せ等がございましたら、以下のフォームからお問い合わせください。

『人を動かす文章サービス』お問い合わせフォーム

文章添削サービス文章作成サービス小論文添削サービスその他

captcha


このサイトの使い方
 How to use this website
最低限の個人情報の記載でご注文いただけます。
お名前(カタカナのみ可)とメールアドレスのみでご注文可。

LINEでもお問い合わせ受け付けております。
 こちらより友だち追加・ご連絡をお願いいたします。

 ID: bunsyoka でも追加いただけます。
 →https://line.me/ti/p/cBVU-Bs2hv

 

-文章の書き方

Copyright© オンライン文章専門「人を動かす文章添削・作成サービス」 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.