文章の書き方

文章の書き方:第38回「違和感を感じる」⇒「違和感がある」「違和感を覚える」「違和感を持つ」「違和感を抱く」

更新日:


 
今では、以下の表現は、特に話すときには許容されているようにも思いますが、この表現を聞いてどのように感じるでしょうか?

「違和感を感じる」

「感」と「感じる」では使用される漢字が同じで、意味が重なるので、なるべく避けたほうがよいという説があります。

それでは、どのように表現するか。

文脈により、

「違和感がある」
「違和感を覚える」
「違和感を持つ」
「違和感を抱く」

のように使い分けをするとよいでしょう。
 

第37回 助詞「において」「にて」⇒「で」
第39回「あなた」の訴求力

伝わりやすい文章にするには

●お問い合わせ
LINEはこちらより友だち追加・ご連絡をお願いいたします。
ID: bunsyoka でも追加いただけます。

https://line.me/ti/p/cBVU-Bs2hv


 

ご質問やお問合せ等がございましたら、以下のフォームからお問い合わせください。

『人を動かす文章サービス』お問い合わせフォーム

    文章添削サービス文章作成サービス小論文添削サービスその他

    captcha


    このサイトの使い方
     How to use this website
    最低限の個人情報の記載でご注文いただけます。
    お名前(カタカナのみ可)とメールアドレスのみでご注文可。

    LINEでもお問い合わせ受け付けております。
     こちらより友だち追加・ご連絡をお願いいたします。

     ID: bunsyoka でも追加いただけます。
     →https://line.me/ti/p/cBVU-Bs2hv

     

     249 total views,  37 views today

    -文章の書き方

    Copyright© オンライン文章専門「人を動かす文章添削・作成サービス」 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.