文章を書くためのヒントとコツ

【文章添削・文章作成専門サイト】
このサイトの使い方
 How to use this website
最低限の個人情報の記載でご注文いただけます。
お名前とメールアドレスのみでご注文可。
 


 
【文章を書くためのヒントとコツ】
・理由を書く
・情報を仕入れる
・分析する
・情報(統計/アンケート/識者の意見など)をもとに分析する
・客観的に判断する
・過去の事例などを引き合いに出し比較する
・色々な視点から述べる
・経験から具体例を述べる

 

文章を書くといっても、「何から書き始めればわからない」「何を書いたらよいかわからない」「文のつなげ方がわからない」という方も多いと思います。

ここでは、文章の書き方についてご紹介します。

書き方といっても、「て・に・を・は」のような助詞の使い方や、文章に含めるべきとされるポイント「5W1H<When(いつ) Where(どこで) Who(誰が) What(何を) Why(なぜ)How(どのように)したのか? >」等について説明するのではなく、比較的長い文章を書くことになった場合に、何をどう書いていけばよいのか、そのヒントを提示していきます。

小学校あるいは中学校では作文の授業もありますが、原稿用紙の使い方を教わった程度で、具体的にどう書けばよいかと指導してもらった記憶がありません。

何らかの手ほどきは受けたのかもしれませんが、記憶に残っていないということは、さほどインパクトがなかったのでしょう。

日記が宿題として出されることがありましたが、日記や読書感想文などの作文、教師の添削を受けながら、少しずつ文章を書く力を上げていくのがほとんどの人のパターンではないでしょうか。

算数のかけ算の九九のように、こう書かなきゃだめ、こう書かなきゃ点数をあげないと言い切れないのが作文です。

もちろん、読みにくく理屈が通ってなければ文章としての評価は下がるでしょうが、明確な公式がないのが作文です。

個人的には、それが書くおもしろさだと思いますが、このように公式がないからこそ、作文を教える側も教えにくい部分があり、教わる側も学習しづらく感じるところがあるのかもしれません。

そのように一筋縄でいかない「文章を書く方法」について、いくつかヒントを提示できたら幸いです。

ちなみに、ここでは思いついたまま書いていくので、ここで取り上げることを順番に意識して文章を書いていけばよいというわけではないことをご理解ください。

 

・理由を書く

まず、前提として、ジャンルによって何をどう書くかというのは異なります。

しかし、大方共通しているのは、「理由」(裏づけ)を書くことです。

「なぜ、その大学に入りたいのか」「なぜ、その会社に入りたいのか」「なぜ、好きなのか」「なぜ、そうなるのか」。

新聞や雑誌など情報を伝えることを目的としている媒体、メディアもありますが、他人に評価採点されるものを書く場合、たいてい理由が必要になります。

日記のようなものでも、ただ出来事などを綴るよりは、生活の中で疑問に思ったことを挙げ、なぜ疑問に思ったのかの理由などを書くほうが文章に変化が付き読んでいて興味深いものになります。

また例えば、感想文といえども、「~と思いました(感じました)。」という感想で済ませるわけにもいきません。

「どうしてそう思うのか?」

と十中八九問われますし、きちんと「~というわけで、○○と思いました」というように理由をつけて説明をされているもののほうが相手も納得しやすいですし、評価されやすいです。

 

・情報を仕入れる

これと言って、理由が思い浮かばないときはどうすればよいか。

理由がなければ作ればよい、という考え方もあると思いますが、対象について知らないとどうにも書きようがありません。

好きなことについては、なぜ好きかという理由はいくつも挙げられると思いますが、それはよく知っているからですよね。

何を書いたらいいか思い浮かばないというあなたは、まず、対象について知ろうとし、調べてください。

インターネットのおかげで、今や情報はすぐに手に入ります。

もちろん、うわさ話や憶測、明らかに悪意があるものなど吟味すべき情報もありますが、昔だと図書館や書店で本を探したり専門家に訊いたりしなければわからなかったことが、ネットを使えば指を何回か動かすだけで知ることができます。

 

・分析する

また、情報を仕入れると、その情報をもとに分析をすることができます。

筆者の主観的な意見が入っている場合もあるので、筆者の考えに流されず、客観的に判断する目も必要です。

近年、メディアリテラシーという言葉もだいぶ広がってきていますが、テレビで伝えられたり、新聞や雑誌に書かれたりしていることを鵜呑みにするのではなく、それが正しいのかどうかを考え見極めながら情報を受け取って(取捨選択して)いる視聴者も多いと思います。

素直に聞く耳を持たない人は嫌がれることも多いですが、文章を書く場合には、対象を批判的な目で見て、ツッコミを入れられるぐらいでなければなりません。評論家や作家などのがする対象批判は、漫才でいえばツッコミのようなものです。

一般にポジティブで前向きな考え方が好まれますが、非常事態、最悪のケースを想定して、その対策を考えられる力があるかどうかも大事です。

国家の有事に備えることは、その最たる例です。

ここでは特定の文章の種類、ジャンルに絞って解説をしているわけではないので、わかりにくいかもしれませんが、いくつものパターンの考え方を提示することができ、しかも、アイデアを豊富に持っていることを示すことができれば、有能だという評価を受けやすいでしょう。

 

・客観的に判断する

既に述べたように、新聞や普通に書店などで売られている新書などの書籍の中には、客観的な事実以外に、筆者の主観的、個人的な解釈が書かれている場合もあるので、その見極めが必要です。

また、自分自身で、ある出来事や物事について考える場合も、自分の考えが客観性を欠いたものになっていないか判断することが大切です。

 

・情報(統計/アンケート/識者の意見など)をもとに分析する

主に何らかの戦略を考えたり、研究をしたりするときに必要になるのが分析です。

得られた統計などの情報を正しく読み取り、解釈し、分析をすることができれば、次の戦略に活かしたり、研究の成果をさらに上げたりすることにもつながります。

 

・過去の事例などを引き合いに出し比較する

よく「歴史に学ぶ」と言いますが、歴史を振り返れば、今現在起こっていることが、過去においても同様のことが発生していたという場合がほとんどです。

過去の事例と比較して、今の事案に適用できないかや、異なる部分を探し、応用して活かせるところはないかと検証、検討します。

 

・色々な視点から述べる

自分ならこう考える、と自分の考えを述べる以外に、自分とは別の立場な人であればどう感じるか。
自分の親兄弟、配偶者、他人、他国など、外側の視点に立って対象を観察し、論じます。

 

・経験から具体例を述べる

書くことがあまり抽象的になり過ぎると、わかりにくい文章になることも多いです。

自分の経験などから具体例を挙げて述べるとわかりやすく、親近感も持たれやすいのでよいです。
 


 

『小論文の虎の巻』より抜粋

∞ 小論文(作文)を書くためのコツ

● 小論文は感想文ではない
 → 問題に対して自分の意見を述べたり、具体的な対策を示したりする必要がある。「~と思う」と感想を記すだけでは評価されない
● 手書きに慣れる
 → 試験本番を念頭に置き、制限時間内に手書きで回答する練習をする。
● 一文を書いた後に読み返しながら書く
 → 手書きの場合、はすべて書き終えた後に修正をするのは時間的に難しいので、一文ごとに誤字脱字等がないかチェックする。
● 設問を読み、メモを取りながら問題文を読み進める
 → 問題文を読んで回答する形式の小論文の場合、まず設問を読み、設問を踏まえ問題文を読み進める。問題文を読みながら、キーワードとなる言葉や思い浮かんだ言葉のメモを取る。
● 冒頭と改行後は1マス空ける
 → 冒頭と改行後は1マス空ける(字下げ)。
● 「序論・本論・結論」に分ける
 → 基本的に「序論・本論・結論」に分け、それぞれ三つの段落に分けるようにする。改行の数もそれに合わせる。
● 書き方を工夫する
 → 例えば、志望動機の場合、「貴校を志望するは三つある。第一に、~。第二に(次に)、~。第三に(最後に)、~。」というように、するとわかりやすい。
● きれいごとを言わない
 → 事実と現実を無視した論は評価されない。現実に実現可能な政策・対策であるかを検討した上で述べる。論理的な説明できなければ評価されない。
● 平易な言葉を使う。簡潔に書く
 → 難しい言葉や言い方をしない。わかりやすく簡潔に述べる。文字数制限を考慮して、省略できるところは省略する。別の言葉で、短くコンパクトに表現できないか検討する。
● 設問で問われていることにズバリ答える。問題文の要約はしない
 → 設問で求められていることに回答できていない受験生も多い。「~ついて述べなさい」とあれば「~について」述べられているか検討する。問われていないことは述べない。また、設問で指定がない限り問題文の要約はしない。
● 過剰な表現(誇張)はしない
 → 例えば、「あまりにも強い」「絶対」というような表現は誇張で小論文ではふさわしくない。客観的事実に基づいて論じる。冷静に物事を見つめ論じる必要がある。
●「まず最初に」→「まず」「最初に」
 → 「まず」と「一つ目(最初に)」は同じ意味なので、どちらか一方を用いる。
●「~(すれば)いい」口語(話し言葉)は用いない。文語(書き言葉)を用いる
 → 「いい」は話し言葉なので、「~(すれば)よい」とする。
●「それ(その、あの)」
 → 「それ」「その」「あの」等の指示語や代名詞が何を指しているかわかるように書く。
●「~という(こと)」
 → 「~という(こと)」言い回しを極力なくす。文脈によっては「~という(こと)」としたほうがよい場合もあるので、見極めは必要。
● 「~しまう」「~しまって(しまった)」
 → 「~しまう」「~しまって(しまった)」という書き方でなくても、意味的には通じる場合がほとんど。文脈を見て本当に必要かどうかを判断する。
●「そして」
 → 「そして」の多用は控える。ほとんどの場合、「そして」は、無くても意味が通じる。「そして」の後に続くことが特に強調したいことで、文の流れとして、ひと呼吸置きたい場合などに用いられることが多い。別の接続詞や、つなぎの表現がないか検討する。
●「1つ」「1人」
 → 「一つ」「一人」と漢字で書く。
● 繰り返しをしない
 → 同じ言葉や言い回しを続けて使用しない。繰り返しは避ける。
● 表現の工夫
 → 前の文や既出の文と同じような言い回しにならないような書き方をする。
●「~だった(である)。…だった(である)」等の文末表現
 → 同じ文末表現を続けて用いない。なるべく表現が重ならないようにする。
● 文末表現に注意
 → 「なぜなら(というのも・というのは)」で始まる文の最後は、「~からだ(ためだ)」というようにする。
● 文末表現「~はずだ(はずである)」「~べきだ(べきである)」等
 → 専門家ではなく、受験生の立場なので、「~はずだ」「~べきだ)」という断定口調ではなく、「~のではないか」「~と思う(~思われる、考える、推測される)」「~べきと考える」といった言い方をする。謙虚な姿勢が大切。
● 三点リーダー「…」、ダッシュ「――」
 → 三点リーダー(「…」)やダッシュ(「――」)は使わず、しっかり表現し切る。ちなみに、三点リーダーやダッシュを用いる場合は、続けて偶数使用する。通常は2個のことが多い(例:「……」「――」)。
● 敬体(です・ます調)、常体(である・だ調)を統一する
 → 文章全体を「~だ、~である調(常体)」で統一する。敬体(ですます調)にすると文字数が多くなるデメリットがある。
● 名詞(事柄)の羅列はしない
 → 「主語は、~である」「主語は、~をする」という形にするのが基本。「~こと」というように名詞で締めくくる書き方(体言止め)もあるが、小論文では使用を控える。事柄を羅列する書き方だと、問題を漠然と捉えている印象を与えかねない。
● 体言止めは用いない
 → 使い方によっては読み手に中途半端な印象を与えることもあるので、小論文で使用するのは控える。
● 「?」と「!」の使い方
 → 基本的に小論文では特にこのような記号は用いない。使用する場合は、「?」や「!」の後に改行をせず、そのまま文を続ける場合は1マス空ける。
● 主語の省略
 → 日本語では主語が省略されることが多い。特に「私は」は省略される傾向がある。ただし、「私は」という主語があったほうが明確でよい場合もあるので、見極めは必要。文の内容が切り替わる箇所では、主語が無いと伝わりにくいことが多い。
● 主語(何について述べているか)を明確にする
 → 述べている対象について、読み手にわかりやすいようにする。
● 長い文に注意
 → 読みやすさを考慮して、一文の文字数は長くても40~50字程度に収めるとよいとされる。長い文になるようであれば、句点「。」で、いったん区切る。
● 短文を連ねて書かない
 → 文字数の多い文もあまり良くないが、短い文字数の文を続けて書く方法もあまり良くない。
● 前後の文とつなげて書けないか検討する
 → 短い文を句点(「。」)で区切って連ねて書くよりは、読点(「、」)で区切るなどして、次の文とつなげて一つの文にして書いたほうがよい場合もある。文脈で判断する。
● 代名詞を用いる
 → 字数制限がある場合がほとんどなので、「この」「あの」「その」「彼」「彼女」など代名詞で置き換えが可能な場合は、代名詞を用いることを検討する。代名詞により文字数の節約が可能となる。
●「○や△」
 → 「○や△」というように、“や”で語句をつなぐ場合は、「○することや△すること」というように前後の語句の表現の形を合わせる。
●「○や△や□」
 → 「○や△や□」というように、連続して“や”で語句をつなぐよりは、「○や△、□」とするのがよい。
●「に」「を」「は」「も」「で(では)(での)」等
 → 助詞の使い方によって読みにくい文になり得るので、助詞の使い方に気をつける。
● 修飾語は修飾する語の直前に置く
 → 基本的に、修飾語は修飾する語(被修飾語)の直前に置く。
● 閉じ括弧の前の句点は不要
 → 「~である。」▶「~である」
閉じ括弧の前に句点は置かない
● 二重括弧の用い方(『 』)
 → 二重括弧は、カギ括弧内でさらにカギ括弧を用いる場合か、書籍などのタイトルなどに用いる。
● 「~たり」は複数回使用する
 → 「~たり」は「~たり、~たり」と複数回使用する。
● カタカナ語の多用を控える
 → 一般的で誰もが普通に使用する言葉以外は、カタカナ文字でなく、日本語で表現する。

『小論文の虎の巻』では、もう少し詳しく解説しています。

 

↓↓↓
格安、受け放題の小論文作成添削指導サービス
 
●<お問い合わせ、ご相談>
お問い合わせ・お見積りはこちら
24時間受付中


 

Count per Day

  • 1359現在の記事:
  • 236177総訪問者数:
  • 219今日の訪問者数:
  • 20現在オンライン中の人数:

投稿日:2017年4月25日 更新日:

Copyright© 文章添削・文章作成専門サイト『人を動かす文章添削サービス』(小論文添削・進学就活[就職転職]サポート・文章力アップ講座) , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.