文章の書き方

句読点の使い方-助詞の「や」と「と」の後ろに読点「、」について

投稿日:2016年12月18日 更新日:

文章を書いていて、「読点」つまり文中で使われる点「、」の使い方が難しいと感じる方も多いと思います。

絶対にこうしなきゃならないというルールはありませんが、一定の決まりはあります。
「しかし」「一方で」「それでも」のような接続詞や「は」「が」「に」などの助詞の後ろに打つことが多いというのは、何となくわかると思います。

読点の打ち方で気になることがあり、調べましたが、こんなサイトを見つけました。

↓↓↓
http://www.tjf.or.jp/hidamari/3_migakou/manabikata16.html

こちらのサイトの真ん中から少し下に、

>助詞「と」「や」「の」などが、名詞と名詞をつないでいる場合には、読点を打ちません。

とあります。

例えば、

「寿司と天ぷら」「車やバイク」「私の家」

というような場合です。

これは、読点を打つことで、前後の名詞のつながりを断ってしまい、読み手の集中を途切れさせないようにするためかと思われます。

一方で、「私の、お金」というように、強調する意味で “の” の前に読点を打つ文を目にしたことがあります。

英文のコンマにはこうした使い方がないので、それが日本語のおもしろいところの一つだと思います。

↓↓↓
totensakuserviceorderpage

 

-文章の書き方

Copyright© 人を動かす文章添削・作成サービス・小論文添削指導サービス , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.