文章の書き方

文章の書き方:一文の短い読みやすい文章

投稿日:

文章の書き方を指南する本などでは、

「一文を短くする」

というアドバイスがよくなされています。

「文(ぶん)」は、Yahoo!辞書によると次のような意味があります。

一語またはそれ以上の語からなり、ひと区切りのまとまりある考えを示すもの。文字で書くときは、ふつう「 。」(句点)でその終わりを示す。

つまり、文章を書き始めて、句点が現れるまでの文が最初の一文で、それ以後、句点と次の句点に挟まれる文が、それぞれ一文としてカウントされます。

以下の文を例に取ると、

>あなたの書いた文章を添削させていただきます。

分かりやすく、伝わりやすい文章になるよう修正させていただきます。

一行を空白で区切っていますが、上の文、下の文がそれぞれ一文で、この文章は合わせて二分でできています。

「~だが、」「~けれども、」「~けど、」などを用いて、つい長い文を書いてしまう、という人もけっこういるかもしれません。

はじめは難しいかもしれませんが、意識すれば、それぞれの一文が短い文章を書けるようになります。

この工夫をするだけで、随分と読みやすい文章になります。

↓↓↓
totensakuserviceorderpage

-文章の書き方

Copyright© 人を動かす文章添削(文章校正)・作成サービス・小論文添削指導サービス , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.