“文章の書き方”

文章の書き方:一文を短くする

投稿日:2016年11月21日 更新日:

文章添削・校正、編集(アレンジ)。実績累計1100件超。お見積り・ご相談は無料。皆様のおかげで継続運営。受験や就活等で実績『人を動かす文章添削サービス』。文章作成代行サービス。受け放題格安の小論文添削、英文添削。

 
文章の書き方を指南する本などでは、

「一文を短くする」

というアドバイスがよくなされています。

文(ぶん)」は、Weblio辞書によると次のような意味があります。

> 言語単位の一。思考や感情を言葉で表現する際の、完結した内容を表す最小の単位。多くは複数の文節によって構成されるが、「待て」「さようなら」のような一語文もある。文字で表す場合には、通常、文の切れ目に句点「。」を打つ。センテンス。文章

つまり、文章を書き始めて、句点が現れるまでの文が最初の一文で、それ以後、句点と次の句点に挟まれる文が、それぞれ一文としてカウントされます。

以下の文を例に取ると、

>あなたの書いた文章を添削させていただきます。

分かりやすく、伝わりやすい文章になるよう修正させていただきます。

一行を空白で区切っていますが、上の文、下の文がそれぞれ一文で、この文章は合わせて二分でできています。

「~だが、」「~けれども、」「~けど、」などを用いて、つい長い文を書いてしまう、という人もけっこういるかもしれません。

はじめは難しいかもしれませんが、意識すれば、それぞれの一文が短い文章を書けるようになります。

この工夫をするだけで、随分と読みやすい文章になります。



こちらをクリック
↓↓↓
“小論文添削サービス”

 
●<お問い合わせ、ご相談>
お問い合わせ・お見積りはこちら
24時間受付中


 
このサイトの使い方
 How to use this website
最低限の個人情報の記載でご注文いただけます。
お名前(カタカナのみ可)とメールアドレスのみでご注文可。

Lineでもお問い合わせ受け付けております。
 こちらより友だち追加をお願いいたします。
 →https://line.me/ti/p/cBVU-Bs2hv

追ってご連絡させていただきます。お手数おかけしますが、どうぞよろしくお願い致します。

 

-“文章の書き方”

Copyright© 文章添削,文章作成専門『人を動かす文章添削サービス』/小論文添削も , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.